家庭教師を選ぶ方法

家庭教師というと、大学生のアルバイトというイメージがありますが、プロの家庭教師にお願いする方法もあり、こちらの方は料金的に高くなります。
実績のあるプロの家庭教師の方が志望校への合格率は高くなりますが、大学生の方がお子さんに年齢が近いので、親しみやすいかもしれません。
どちらを選ぶかは、お子さんの年齢や性格によります。
志望校が有名中学や難関高校を狙っているのであれば、プロの家庭教師の方が良いかもしれません。
いずれにしても、お子さんとの相性などもありますから、依頼してみて合わないようなら別の人に変えれば良いことです。
事前に面接があるので、その先生の雰囲気や言葉遣いなどを確認するとよいでしょう。


また、女の子には女の先生、男の子には男の先生というように、同性の方が気を遣わずにすみ、勉強に集中しやすいこともあります。
特に、思春期のお子さんの場合、家庭教師の先生を好きになってしまうと、勉強に身が入らなくなることも考えられます。
家庭教師を選ぶ方法として、「学歴で選ぶ場合」と「料金で選ぶ場合」があります。
出身大学名などの学歴で選ぶ場合は、最終的にその大学に入ることを目指しているのであれば、その大学でどんな授業が行われているのかとか、卒業後の進路とか、保護者が本人から貴重な体験談を聞くことも可能になります。


料金で選ぶ場合は、一般的にプロの家庭教師を頼むより大学生を頼んだ方が安く、時給制の場合と月ごとに支払う定額制の場合などに分かれます。

Copyright © 2014 家庭教師の選び方ガイド All Rights Reserved.